ファンタジア大賞で四次落ちしたときの話。

2020-10-08賞・コンテストファンタジア

昨年(2018年)12月のことです。
旅行先からの帰り道、新幹線に乗っていると珍しく携帯が鳴りました。

 

ちょうど乗り換えのタイミングで時間がなかったため電話をとりそびれてしまったのですが、その後しばらくしてから相手を確認すると見慣れない番号が表示されていました。
03からはじまる東京の番号です。

 

「まさか……ね」

 

半信半疑で電話番号をネット検索したところ――。

 

『 富士見書房 』とヒットしたのです。

 

「マジか(゚ω゚)」

 

昇天しそうでした。

 

 

 

じつはとある小説を富士見ファンタジア大賞に投稿していたのです。
シリアスな異世界ファンタジーです。

 

電話がきたということは良い連絡?
もしかして最終候補?
どどどどうしよう!!??

 

などと緊張が高まる一方でものすごく不安になりました。
ファンタジア大賞への投稿は今回が初めてだった上、最終に残ったことのあるGA文庫からも電話をもらったことがなかったのです。

 

初です、初電話。

 

なにを聞かれるんだろう。
なんて答えたらいいんだろう。
そもそも次いつかかってくるの?
相手の名前分からないけれど折り返した方がいいの?

 

パニックでした。

心配のあまり、その日は肌身離さず携帯を持ち歩きましたが結局着信はありませんでした。

 

 

 

「もしかして間違い電話だったのかな」

 

と不安に感じていた翌日の午後、ふたたび電話が鳴りました。
電話口の方は優しい感じの男性でした。私が車の運転中だったため数分後にかけ直してもらうことに。

 

急いで自宅に戻り、だれにも邪魔されないよう部屋にこもって電話を待ちました。

約束の時間、また電話が。

 

お話の内容は、
・拙作が3次通過したこと
・この後の選考について
・入選した場合の受賞意思
・盗作等がないかの確認
・応募作の売りやアピールポイント
・好きな小説や作家など  でした。

その際、拙作が改稿作であることやその際の評価シートで指摘された内容を正直に伝えました。

 

四次選考が終わったらまた連絡すると言われ、電話を切りました。

通話時間を見るとほんの30分くらいでしたが、もっとずっと長く感じました。

耳が汗をかくことなんてあるんですね。

 

次に電話をいただいたのはクリスマス前。
四次選考で落選したことや選考会で挙げられた意見などを教えて下さいました。

 

詳しくは割愛しますが「主人公」について言及されました。そこが改善されていれば違う結果になったかもしれない、とのこと(結果論でしょうが)。
もう少しラノベを勉強して再挑戦して欲しいと言われて電話を切りました。17分くらいでした。

 

そのときの正直な感想を書きますね。

ホッとしました。

悔しいよりも先に安堵したんです。

 

なぜか。

入選&受賞したあとのことが不安だったのです。

 

勝手な妄想と笑われるでしょうが、改稿の大変さ、書籍化したあとの売り上げの心配、打ち切りの恐怖、続巻があったときのストーリー……考えれば考えるほど胃が痛くなります。
もちろん全てネットから拾ってきた情報であり、私自身の経験は何一つありません。ただ漠然とした恐怖です。

 

いつかいつかと入選&書籍化を夢見ていながら、いざ目の前に迫ってきたときの恐怖と不安。
ラノベ作家になる決意は出来ていたと思ったのに覚悟が出来ていなかったのです。
結果的に四次落選となり「ざまぁみろ」という所ですが不甲斐ない自分にもがっかりしました。

 

これらが昨年の冬のことです。

 

そしていま毎日のように自分の作品のことを考えます。
たくさんの読者さんに愛され、書籍化し、アニメ化し、映画化する妄想までしています。
覚悟はできたつもりです。

 

さぁいつでもかかってこい、電話。