リメイク版「四ツ目神-再会-」をプレイしてみた③「おはぎ」には気をつけて!【相良家~巻物】※ネタバレあり

2021-03-03四ツ目神

芹澤です。

こちらは2月16日にリリースされた「四ツ目神-再会-」のプレイ日記です。

今回は【相良家~巻物】を取り上げます。

注)攻略記事ではありません。
注)ネタバレがあります。
注)記事の都合上、内容が前後していることがあります。

➡【過去記事①】四ツ目神~手水舎

➡【過去記事②】楼門~東京

 

=========
当コンテンツは株式会社SEECの『四ツ目神 -再会-』の画像を利用しています。
該当画像の転載・配布等は禁止しております。
©SEEC Inc.
=========

 

旧作の感想・ネタバレはこちら↓

5.相良家(さがらけ)

 

【東京】で伯父の修二から墓参りするよう言われた誠と真依。

新幹線やバスを乗り継いで四津村に向かいます。

四津村に近づくにつれて口数が少なくなる誠。そんな父の様子に、真依も旅行のワクワク気分が消えて少し緊張してきました。

 

長旅の末に到着した四津村は田畑が広がるのどかな村でした。

そこで真依は奇妙なものを見つけます。

 

「ん?」

 

誠は言います。

四津村の住民は皆、四ツ目神を信仰する神道であること。

”いらない子”はよつめがみにつれていかれちゃうよ」と言い伝えられていること。

 

相良家に到着した真依は、誠と修二が席を外している間、旅の疲れからか眠ってしまいます…。

そして最初の【四ツ目神社】へとつながるのです。

 

タガタの助力を得て、はたして真依は誠のもとに戻れるのか……。

 


【感想】

真依ちゃんの私服ー!!かわいいですね。

可憐な見た目通りのカーディガンかと思いきや、パーカーというラフさがいいです。

これは想像ですが、父と娘の二人暮らしで生活が豊かではないのでなるべく安いものを買おうとしているのかもしれませんね。

 

相良家に到着するなり誠と修二は別室に移動してしまいますが、一体どんな話をしていたのでしょう。

個人的な想像ですが、唯一の跡取りである真依ちゃんを「相良家の養子に」なんて話をしていたのではないかと思っています(もちろん誠は大反対)。

 

6.巻物(まきもの)

 

タガタによると神社から抜け出す方法が「巻物」に書いてあるらしい、とのこと。

しかし巻物の行方が分からないためイミゴとともに探すことになります。

(真依ちゃんのジト目!!)

 

手水舎に向かうと真依を神社に連れてきた張本人、クロとシロがいました。

 

当初「お母さんを助けて」と言われたので大急ぎでついてきた真依でしたが、いまは大丈夫とのこと。

それよりも「お腹が空いている」というので、途中で見つけたおはぎをあげます。

(このとき真依にも食べるよう勧めてきますがバッドエンドルートです。※詳しくは→「四ツ目神(よつめがみ)」の全エンディングを詳しく解説します!【ネタバレ注意】

 

すると中から丸い石が…。

 

これをヒントに無事巻物をゲットし、ようやく帰る手がかりを得ることができました。

 

はたして真依は無事に帰れるのでしょうか…。

 


【感想】

「巻物そこ!?」と突っ込まずにはいられない攻略。

いくつかのヒントを組み合わせて正答を導き出さなくてはいけません。

けれど行き詰まったらヒントと答え(そのもの)が示されているので謎解きが苦手な方でも進められるのが嬉しいですね。

 

クロとシロの無邪気な「おはぎ勧め」は怖いです。旧作でまんまと引っかかりました。

けれど、すべての「手記」を入手するため敢えてバットエンドルートにも行ってみました!(笑)

 

 

次回は【墨と筆~】のプレイ日記です。お楽しみに。

➡【過去記事①】四ツ目神~手水舎

➡【過去記事②】楼門~東京

 

旧作の感想・ネタバレを知りたい方はこちら