焦り始めた

つれづれ日記

ホラー大賞の締切が近づき、少々、焦っています。
だってまだ半分くらいしか終わっていないんだもん。
ラストはもう決めてあるので、あとはそこに続くストーリーを描くだけなんですが、
細部がまだ詰めきれていないので、なんだか行き当たりばったりになっています。
こんなんで間に合うのかなー。

書きながら何度も読み返すのですが、何度呼んでも「ホラーではないな」という結論に至ります。
ちょっと怖い、くらい。ホラーもどき。ホラー風味。そんな塩加減です。
冷たいものを飲みながら読んだら、鳥肌立つかも。(自分で云ってて意味不明)

なかなか進まない中、我慢しきれず、ラストだけ、先に書いちゃいました。
なんだか、とてもドキドキした。
きゃー!らすと!きゃー!こわいわ!って心の中で叫んでた。
ラストを独り占めできるのも、作者の特権ですよね。
当然といえば当然ですが、すこしだけ、優越感。

さてさて、また頑張ります。

スポンサーリンク