高音に癒される

つれづれ日記

ストレス地獄に陥っておりまして、なかなかブログを更新できていませんでした。
今日も出勤日だったんだよーもぉー。23日も仕事だったし。
本当に心身ともに滅入っていまして、何をしてもイラッとするわけです。
甘いものを食べても飲んでもどうにもならなくなってきた。
病気の兆候?
食欲と睡眠欲は至って健全ですので、まだ大丈夫とは思いますが。

見かねた友達が、葉加瀬太郎さんのCDを貸してくれました。
私クラシック好きなんです。
ヴァイオリンも、(いつか)やってみたいと思ってて。
こんな小さな楽器からどうしてこんなに色々な音が出てくるのか、不思議なもんです。
高い音に癒されます。
ストレスをためこんで膨張していたものが、ぶるりと揺さぶられる感覚。
感極まって泣きそうな状態に近い。嗚咽がこみあげてくるときの、どうしようもない感じが。
これが「癒し」なんだなぁ。きっと。
リベラのCDも久しぶりに聴いてみた。やっぱり高音が体(胃の辺りで)に響く。
ステキだ。

小説の方もちょいちょい進んでいます。当初の予定よりはだいぶ遅れていますが。
まぁ、なんとかなるでしょう。
短編も書きたくなってきた。
ところで次号のコバルトにはノベル大賞の選考経過とか載らないんですかね?
ネットでリサーチしてみたものの、それらしい様子はなく。
選考していただく身で恐縮ですが、ちょっとでも載せて発破をかけてほしいな。
どんな結果でも甘んじて受けます。

話はまた変わりますが、9月末で色々と最終回ですね。
「デュラララ!!」も終わった(後半ほとんど見てなかった)。
「リボーン」も終わった(最終回の今日は仕事で見られなかった)。
去りゆくものへの心残りと新しく来るものへの期待。
10月はもうすぐそこです(なんだろこの締め方)。