LOSS

つれづれ日記

ちまたでは、「あまちゃんロス」というものが流行っているそうですね。
ご存知の「あまちゃん」が終わってしまったために、大きな喪失感を抱える現象だとか(うろ覚え)。
私も同じくです。(私の場合は八犬伝ロスですが)

この空白感を埋めるために、小説のほう、頑張らせていただきます。
とはいえ、既に着手している短編、かなり雲行きが怪しいです。
というより、気持ちが離れていってます。
無理だな、今回。

原因は、脇役の後輩くんにふかーく感情移入してしまったこと。
それにより、物語の核となる部分がサブストーリーみたいになってしまって。
あれ、私が表現したいことって何だっけ?
という有様に。まさに、五里霧中。

すこし手を加えて軌道修正を試みましたが、とってつけたような話になってしまいました。
急ごしらえで直した小説が、うまくいった例は今までありません。
諦めと呆れ半分で、とりあえず投稿しても、後悔するだけ。
ということで、今回は延期。ロマン大賞のほうに取り掛かります。

「自分勝手だなぁ」とか「やる気ないじゃん」という叱責はごもっとも。
すべて自分に跳ね返ってくるものだと、わかっております。
もしこれが他の方を巻き込むようなものだったら、大顰蹙ですが、良くも悪くも自分に返ってくるだけです。

飽きやすくてやる気がない、言い訳ばかりする、そんな私です。
そんな自分が胸を誇れるようになるには、やはり、小説でどうにかするしかないのかな、と。

今回はステイとなった短編ですが、執筆が一段落したところで、再び息を吹き返す可能性も大です。
「はるまち」もそんな感じでした。
ストックということで、今回はいったん引き出しの奥にそっとしまっておきます。