夏休み最終日の受難

つれづれ日記

まさか夏休み最終日に、炎天下の下で砂を撒いているとは…。

経緯を説明しますと、我が家ではおじいちゃん犬を飼っています。
この犬、普段は食べるか寝るかののんびり生活を送ってて、吠えたりすることも滅多にありません。
しかし、花火を異様に怖がり、パニックになって泣き叫びます。

そして昨夜。
ご近所さんが花火をあげてました。夏休みですもんね。
それでパニックになった犬が、あろうことか、近くにあった車のホースを食いちぎったのです。
車を下から見ると、いろんなホースがつながってますよね、あの中のひとつを。

そして今朝になってエンジンオイルがダダモレになっているのが判明し、砂と新聞紙で吸着作業…ということです。
家族総出で作業にあたりました。
なんてこっちゃ。

スポンサーリンク