若くても飛蚊症

つれづれ日記

明るいところに出ると、目の前をゴミ(いやいや細胞の断片だよリアルに)のようなものが流れていく今日この頃(といっても一年前から)。
ネットで検索したところ、飛蚊症というらしい。
加齢による生理現象、といわれていますが、網膜剥離とかの可能性もあるので受診すべきと書いてあったので、
眼科にかかってきました。だってまだ若いし(といっても二十代後半)。

結果。やっぱり飛蚊症。そして「様子見してください」とのこと。
薬も出してくれなかった。初診だったのに診察券さえもくれなかった(まぁいいけど)。
「若くてもなりますよ。早い人は十代から」だってさ。
一生この煩わしさと付き合っていかなくちゃいけないの。いやー。
ルテインが効く、との情報もあるので、摂取してみようかと。
なんといっても眼の酷使がいけないのは分かっているんだけど、どうしようもないだろ。
会社ではパソコンなきゃ仕事にならないし、家では小説書いてるし。

にしても、お医者さんに眼に光をあてられたとき、
眼の血管が自分でもはっきりと見えた。
すごーぃ、きもーぃ。
やっぱり私も人間だった。