間に合うのか!?ラブコメ改稿中です

2020-11-23執筆活動

 

芹澤です。

ラブコメっていいですよね、疲れた心を癒してくれます。

突然なに言ってるのかと思われるでしょうが、先月末まで書いていたマジメな児童文学から一転し、ラブコメを書いています。

正確には改稿中です。ご存知の方もいると思いますが、私の数少ない自信作「美少女モデルのAliceは今日も片想い」を性懲りもなく改稿してGA文庫大賞に出そうと目論んでいます。

 

なぜならいまラブコメが熱いのです。

 

ラノベが熱い!

https://ln-news.com/articles/109953

 

コロナ禍で塞ぎがちになっているせいでしょうか、見え見えの好意を隠したつもりになっているヒロイン、ツンツンしているけど本当は主人公のことが大好きなヒロイン、内側に苦しみを抱えながらも少しずつ前向きになるヒロイン、優しくて甘えたくなるヒロインなど、ラブコメがこれまで以上に注目されている気がします。

記事内の遅効性のラブコメって言いえて妙な気がしますね。

 

私自身、ラブコメを書き始めたのは近年になってからです。

それまで異世界ファンタジーや青春ものばかり書いていたのですが、「違うジャンルに挑戦しよう!」と思い立って上述の「美少女モデルのAliceは今日も片想い」を書き上げました。

 

モデルと一般人のひみつの恋。
なんだか現実離れしすぎていて「は、はずかしい…」という思いもあったのですが、思いのほか好評で、なろうやカクヨムでも一番の稼ぎ頭になってくれています(笑)。

 

ただ、多くの人の目に触れることで批判されることも多くなりました。
落ち込むこともありましたが、それも踏まえて良い経験になったと思います。
思えば、人と人の出会いとそれが恋に発展するまでの過程って、大昔からのテーマでもありますね。

 

今回ピックアップされた方々のように、私自身も上質なラブコメを書けるよう頑張ります。

ここまでお読みいただきありがとうございました。