電撃祭り、終わる

2020-09-27賞・コンテスト

祭りが始まって1ヶ月しか経っていませんが、二次落選しました。
わたしの電撃祭り、ここに終わります。

改稿作とは言え、そこそこ自信はあったんですけどね。
なかなか現実を受け止める(と言うより受け止め方)が難しい。消化不良でモヤモヤします。
しかしながら「じゃあ本当にいけると思った?」と自分自身に問いかけると「うーん…」という感じ。
「たぶん難しいけど、あわよくば」という欲があったのは否めません。
分相応だったということでしょう。
とりあえず電撃への挑戦はまた来年に持ち越しです。
来週は大本命のGA文庫大賞の一次発表なので、座して待ちたいと思います。

それでは良い夏休みを。