(たまに書く)近況報告

つれづれ日記

ただいま、無色生活まい進中でございます。
会社員の皆さま、大変恐れ入ります。

そんな中、物心ついてから初めての海外旅行を決行することになりました。
航空券も予約してきました!えへん。
キャリーバッグも買ってきました!えへん。
もう後戻りはできません・・・え、えへん。
飛行機怖いよー、英語わからないよー、えぐえぐ。
でも、こんなチャンスめったにないから、行くしかない。
「異国」をこの目にした瞬間にカルチャーショックを受け、「覚醒!」するかもしれない。
様々な思いを抱えつつ、6月下旬に出国いたします。

次回作の構想も少しずつ形になってきています。
ひたすらカエルに怯える女の子を書こうかと思ったけれど、キャラとして少し弱いので、軌道修正していきます。
テーマは、「呪いは愛である」です。どんな話になっていくでしょうか。作者も分からない。

近日、ノベルやビーンズやジャンプホラーといった賞の結果や経過が発表されていますが、
私が応募しているものはまだ音沙汰がありません。(まだ締め切られていないものもありますが)
振り返りがてら、以下に載せます。

・アニマックスシナリオ大賞 「嘘つきは魔女のはじまり」
・ジャンプ小説新人賞Spring 「純黒のリゼリア」
・コバルト短編小説 「跳んで、笑って、呪われて」

……そうか。私、今年になってから三作しか応募してなかった。少ない!
頭の中では五作くらい応募した気になっていました。(架空上乗せでした)
創作のアイデアをぐるぐると考えているうちに、創った気になってしまったのかもしれません。

時間があるので、執筆が進まないときは、勉強がてらノベルズを読んでいます。
最近読んだものは「文学少女シリーズ」と「ホーンテッドキャンパスシリーズ」。
あと、十代向けに様々な作者の作品を集めた短編集など。
当たり前ですが、作者それぞれ、書き方は違いますね。
ただ、文章だけ並べて「作者は誰でしょう?」と聞かれたら、きっと答えられないですね。

自分にしか書けない表現方法を見つけられたら、そんなに心強いものはないでしょうね。
いつか、見つけたいなぁ。