すべてはご愛嬌。

つれづれ日記

本日、友人の結婚式&披露宴でした。
天気予報は雨でしたが、良いお天気で、それほど冷え込みもなく幸いでした。

この日のために練習してきた余興の連弾。
木村カエラの「Butterfly」。
新婦さんのご厚意で、まだ準備中の会場で練習させて頂きました。
それなりに音が合ったので、安心して私は着付けへ(こちらも新婦さんの厚意で、会場で振り袖の着付けをしてもらったのです)。

成人式ぶりに着る、菜の花色の振り袖。
こんなに何箇所も紐で締め付けるのか、と唖然としました。
徐々に締め付けられ、呼吸が苦しくなっていく・・・。
こんな状態で一日過ごせるのかと不安でしたが、案外、どうにかなるものです(料理は完食しました)。

さて、肝心の連弾ですが・・・。失敗とまでは言わないものの、80点。
テンポがおかしくなってしまった。
そして、あり得ない場所で音を間違えてしまった。
披露宴って怖い。緊張しているつもりはなかったのに。

なんだか悔しくて、リベンジしたかったところに、「カラオケやれますよ」って司会さんのアナウンスがあったので、
「また連弾弾いてもいいですか?今度は歌詞付きで」とお願いしました。
歌詞付きで歌ってくれたのは、同じテーブルに座っていた会社の友達です。
ぶっつけ本番で巻き込みました。ごめんなさい。
でもさすが、スマホで歌詞を見つつも、美声で「Butterfly」を披露してくださいました。
そして私たちはやっぱりまた音を間違えたという・・・。

これもすべてご愛嬌。

余談ですが、結婚式のコーラス隊の中に、昔通っていたピアノ教室の先生がいました。
驚きましたねー。