15度くらいの変化

つれづれ日記

気がつけば連休も最終日ですね。
今日もありますよ、予定。
数年ぶりに後輩と再会するのです。
同い年なんですが、関東地域に住んでいて、三歳になるお子さんがいます。

気がつけば、みーんな、「お母さん」なんですよね。
いえ、知っていましたけど。
いつまでも独身の私。
昨日、一昨日の春旅は、自問自答の旅でもありました。
単に「縁がない」だけでは片付けられない自分自身の問題も、ようやく見えてきたところです。
「気をつける」「頑張る」ではなく「意識」を変えないと、たぶんこの問題はクリアできない。
変えよう。変わろう。変わりたい。そう強く思います。

たとえば。
昨日、東急ハンズで時間を潰しているときに、
そろそろ創作ノートの残りが少なくなったなぁ、と思い出し、ノートを見ていました。
いつも必ず「罫線」入りのセミB5ノートを買っているのですが、
そういえばなんで「罫線入り」にこだわっていたんだろう、と思い直したわけです。

見栄えがいいから。体裁を整えやすいから。
理由はそれなりにあるんですが、「罫線が入っていなくちゃいけない」という固定概念があったのだと思います。
というわけで、罫線なしのノートを探すことにしました。(しかしながら、よいものが見つからず保留に)
怖いですね。「こうでなくちゃいけない」という、固定概念。それに気付いていなかった自分。

「そんなこと?」と云われるかもしれないけれど、
変化とは、いきなり180度変わるのではなく、せいぜい15度くらいから始まるのかもしれない。
(ちなみにこの場合の15の数字に特に根拠はなく、なんとなくです…)