休日のお仕事

つれづれ日記

きょうは休日出勤してまいりました。
全社のパソコンの設定を手分けして処理する…という、専門外の作業ですが、
パソコンの前に座って、ひたすら再起動をするものなので、なにも知らない私でもできます。
これも総務のお仕事です。
あ~なんか切なくなってきた。異動のことが頭から離れない。
こんなに総務の仕事に執着していたんだなぁ、私。
はあー……。

ちなみに明日も午前中だけ出勤することになりました。
仕事が終わらなくて。
それにしても、パソコン周りのデスクって、ほんとうに個性が出ますね。
埃ひとつなく、ビシ!っと整理してある人もいれば、歯磨き粉出しっぱなし、手帳開きっぱなしの人も。
私はどちらかといえば後者に近いです…。(整理整頓ニガテ)

きょうは春の彼岸ですね。
昨年の今頃は、文藝賞向けの小説を苦心して創っていた、はず。
季節とか時事ネタに影響されることが多いんですよね、私って。
作中にも「彼岸」の一日が登場しましたし。
いま書いているものは、春からの半年程度を描くつもりでおります。
換羽とか、脱皮とか、面白そうだし。
なんだかどんどん変な話になっていく。

スポンサーリンク