優しいヒト

つれづれ日記

キャラ作りの中で、ひとつ、悩みが。
準主役の男の子のキャラ作りについて、です。

主人公の女の子を取り巻く環境がかなり殺伐としているので、
この男の子くらいは物語の「憩い」として優しいヒトにしたいのですが、
たぶん、ただ優しいだけのヒトって、存在感が薄くなって、のっぺりしちゃうんですよね。
まぁ色々裏はあるんですけど、「悪い面」を作ったほうがいいのかどうか。

今回はとにかくキャラをちゃんと作ってから、と意識しているので、こんなことにも、つまずいてしまうのです。
キャラが確立したヒトって、勝手に動いて、勝手に喋ってくれるから、とっても楽なんです。
ちなみに「人」ではなく「ヒト」としているのは、ほとんどのキャラが人間ではないからなんです。
人間の数が少ない、ある国のお話になります。

いろいろ試行錯誤しつつ、満足のいく作品を創れたらいいと思います。