冬至の決意

つれづれ日記

こんにちは。
昨日はとことんまで落ち込んでいたダメな芹沢です。
なんとか平常心まで戻ってきました。

昨日はね、本当にヤバかったんです。
いまなら笑い話にできるけど、昨日は、本気で一瞬「死のうかな」と思ったのです。
自分で自分にびっくり。

休日出勤したもののなかなか仕事が終わらず、
外は雪が降っているし、事務室内は薄暗くて誰もいない。
ようやく目処がついて帰ろうと外に出たのが午後6時半。
雨っぽい雪がまだ降ってました。

駐車場に向かうまでの短い距離で、いろんなことが浮かんだわけです。
「今日は両親は泊まりでいないし、妹は外出してるから家には誰もいないな」
「夕飯買って帰らなくちゃな」
「帰る道凍っていたらイヤだな」
ふと顔を上げて、駐車場にぽつんと停まっている自分の車を見ました。
雪に埋もれている、ちゃっちゃな軽自動車です。
その瞬間。
「死のうかな」
そんな小さな呟きが、自分の中で反響したのです。
慌てて家に帰り、私を待っていた犬を撫で撫でし、好きなDVDを見、心の栄養補給をしました。

自殺者一万人、とかニュースで聞くと、
「なんでそんなに簡単に死ねるの」「理解できない」なんて思っていましたけど、
なんか、わかりましたよ。その心境。
家族もいるし、楽しみにしていることや、待ち遠しいこともあるんですけど、
「死のうかな」って思う瞬間って、そんなこと忘れているんです。
魔が差す、という感覚に近いのかと。

不思議なのか当然なのか、いま書いている小説のキャラの心情と同じなんです。
彼も、いろいろなことが重なって、自殺しようとするのですが、それの追体験をしているような。
あるいは、作者である私のかわりに動いてくれているような。

小説って結局、自己救済の手段なんでしょう。
自分の願望を叶えてくれたり、自分の過去や未来を再現してくれたり。
あーだから私が書く小説って、暗いものが多いのか。納得。

きょうは冬至。一年でもっとも日が短い日。
そして、明日からは、少しずつ、日がのびていくのです。
まだまだ死ぬわけにはいかない。
「やりたいこと」があるんだもの。