震える

つれづれ日記

本日は、ヴァイオリンの発表会でした。
カノン、弾ききりましたよ~。ぐだぐだでしたけど。

出番を今か今かと待つ時間って、本当に、心臓に悪いですね。
腕が震え、体が震え、心臓が震える。
止まれ~と必死に祈っていました。

カノンと複数人による合同発表だったので、10人ほどでステージに一緒に上がったのですが、
何故か私の立ち位置はど真ん中、という…。
並び順がたまたまそうなってしまったたけで、決して志願したわけではないのです。

出来なかった箇所もたくさんあったけれども、とんでもない失態はなかったので、
まぁ、おおむね、合格かと。あくまでも及第点ですが。
右腕の震えだけは、もう、どうしようもない。次までに鍛えておこう。

家族は用事があっていませんでしたが、会社のお友達が見に来てくれました。
ありがとーぅ。

音楽聴くの好きなので、プログラムの1番からずっと客席で聞いていました。
いろんな年代の人たちが、ピアノ・ヴァイオリン・フルート・サックスなどを演奏。面白かったです。
私も来年にはソロで弾けたら、と思うけれど、もっともっと頑張らないと。

中学生くらいの女の子で、ものすっごくヴァイオリンの上手い人がいたんですけど、
控え室で黙々と練習しているのを見ました。楽譜にもたくさん書き込みしているし。
上手い人って、いい意味で貪欲で、自分に厳しいんだなぁ、と感心。
私より一回り以上年下なのに。
一方の私は、自分を甘やかしてばかり。反省です…。