パソコンとにらめっこ。

つれづれ日記

昨日も一日パソコンとにらめっこしていたのですが、小説のほうに夢中で、ブログ更新しておりませんでした。
すいませぬ。

小説のほう、いまようやく、軌道に乗ってきたところです。
コバルト・ノベル大賞向けに書いてます。

これまで、なかなか乗れなくて、あーでもない、こーでもない、と文章を散らかしていたのですが、
ようやくひとつの方向性が見えてきたところ、かな。

遅い、って話ですが、私はいつもこんな感じです。
夏休みの宿題と同じで、早くに手をつけて終わらせてしまえばいいとわかっているのに、
まだ余裕があると思うと、つい、先送りにして…。
でも、これからは、ガンガンいきますよ。
一回でも立ち止まってしまったら、締め切りに間に合わないかもしれないし。

それはさておき、木・金と連続でカラオケに行ってきてしまいました。
二日目は、喉ガラガラで歌うのムリかなぁ、と思っていたのですが、意外にももちました。
たぶん選曲が良かったのだと(勝手に)思っています。
あと、いまが乾燥する季節だったら、たぶんダメだったでしょうね。

カラオケの歌詞って、見てて面白いですよね。
「言葉」を仕事にしようとする者の性なのか、つい、見ちゃうんですけど。
文面だけ追っていくと、「なんか、未練タラタラじゃない?」とか「まじ不倫じゃないですかー」と思いたくなる歌詞がありますよね。

あとは、深読みしすぎですけど、物凄くキレイな言葉が並んだ恋愛ソングとか聴いていても、
ストーカーっぽい人がこれ書いていたら、怖いな…とか。
深読みしすぎ?