コバルトに載りました!

つれづれ日記

発売日から少し遅れて、本日、コバルト5月号を買いました。

昨年応募した短編賞の結果を立ち読みしたら、最終候補に「芹沢祐」の名が…!
最初、「もう一歩」のほうを見まして、名前がなかったから、買うのやめようかと思ってました、私。
ページめくってみて良かった。

選評は…まさしくその通りで、ぐうの音も出ません。
設定を詰めてなかったり、文面に書いていなかったり…恥ずかしい限りです。
「良かったです、嬉しいです、これからも頑張ります」。
そう素直に喜べない高い壁が、まだあるように感じます。

ただ、これまで誰にも省みられなかったものが報われた気はします。
今後の課題も見えてきました。

「はるまち」は近々アップ致しますので、ご参考にどうぞ。