猫舌との関係

つれづれ日記

この二日間、とあるセミナーに参加してきました。上司命令にて。
本当は「行く意味あるの!?」って思ってたんだけど、案外、聞き入ってしまった。
ひたすらお話を聞くだけだったので、途中何度か睡魔と闘いましたけど。
セルフでお茶と水が用意されていて、
お昼にお茶をもらいに行ったときに、主催者のひとりとお話(雑談)をしたんですね。
「お茶冷めてるかも」と言われたので「大丈夫です、私、猫舌だから」とお答えしたら、
なんか笑って「よっぽど大事に育てられたんだね」と一言。
  ……猫舌とどういう関係が?
  裏を返せば「アンタ世間知らずの甘ちゃんでしょ」ってことですよね。
  だから、猫舌と何の関係が?
  そりゃあ、いまは実家暮らししてますけど、
  親の援助一切なしで一人暮らししてた頃だってあったし、
  保育園の頃には、保母さんにプールに突き落とされたことだってあったし(当時泳げなかったのです私)、
  受験・就職活動と、世知辛い世の中をくぐりぬけてきたのですよ。
  猫舌だっていーじゃないか、舌が火傷するんだぞ、食道がんになるかもしれんのだぞ。
などという色々な思いをごくりと飲み込んで、大人の対応しましたどね。

で、セミナー中、ずっと気になっていたある男の人がいまして。
ホストっぽいんですよ。なんか。髪は金色に近い茶髪だし、ツンツンしてるし(ゲームキャラみたいだ)。
なんでこのセミナー来てるんだろ、と不思議だった。
その後、セミナーの一環で、事業場見学があったのですが、
そこでは髪の毛を落とさないよう、白い帽子(給食当番がかぶるようなアレね)をかぶるのです。
「どうすんだろ、どうすんだろ」と、どきどきわくわくしながらその男の人に注目していた私。
彼はしばし悩んだ後、かぶったーぁ!!
私、必死に笑いをこらえました。だって、かっこわるいんだもん。
髪の毛ツンツンで格好つけている彼が、そんな帽子かぶってるんだもん。
いやー、楽しかった。目的が違うけど。

久しぶりに乗った電車でも、この寒い中、健気に生足出してる女子高生たちを見て、
この子たちはこれから先、大学受験や就職活動っていう荒波と闘っていくんだな、大変だな、頑張れよ。
と心の中でエールを送った私。
母曰く「あんた、そういうこと言う人は、もうオバチャンだから」