小説、早く完成させたいけど…

つれづれ日記

文藝賞向けの小説の話です。
この先の展開も結末もほとんど決まっていて、あとはパソコンと向き合うだけなのですが、今週はなかなかその時間が取れませんでした。

この土日で初稿をあげようと思っていますが、両日とも外出の用事があるので、合間を縫ってやっていくしかなさそうです。
いまも外出中ですが、出かけるまでの一時間で二ページ書いてきました。

頭の中では登場人物たちから「早くしろよ」とつつかれていますが、なかなか執筆ペースが上がらない自分が悔しいです。

皆さんはどうしているんだろう、とふと思います。
書きたいシーンが決まっていても、そのシーンの前後には何かしらの動きや会話が必要なわけで、一度も手を止めずに書き上げられる人って、いるんでしょうか。

などと他人のことを気にしている余裕もないので、ちゃっちゃと仕上げるしかないですね。