高瀬舟を読んで

つれづれ日記

言わずと知れた名作、森鴎外著の「高瀬舟」を久しぶりに読みました。
小説の参考にと図書館から借りてきたんですけれど。

短い話なので、さらっと読めました。
あぁ確かにこんな話だったなぁ、としみじみしながら。
自死できずに苦しんでいる弟を楽にしてやったのは、果たして殺人なのか…。
うーん、深い。

最近はやたらと沢山本を読んでます。
小説の参考というのもあるけど、単に興味があるから、というのが多い。
まぁ、興味ないものを小説に書こうなんて思いませんけどね。
知識が増えていくのが単純に嬉しいと感じます。

さて、三連休もあっという間に終わってしまいました。
明日からまた仕事です。
会社で規程されている誕生日休暇というものがあるのですが、
今月中にとらないと消滅してしまうんです。
いつ休みとろうかな…。