すいこー

つれづれ日記

遊んでてスイマセン。推敲です。推敲。頑張るぞ。
B小説をやっと印刷したので、赤ペンを入れるのさ。
いわゆる叩き台というやつです。カツオのたたきみたく、けちょんけちょんにするのです。
書いてる途中で、既に直したい箇所をいくつも発見してしまったのですが、
なんせ余裕がないのと、ストーリーを大幅に変えたりしなければいけないので、断念。
ほんと、小説って怖い。
これが一段落したら、次はコバルトノベル大賞作品に取っ掛かります。

とりあえず今年の目標をおさらいしますと、
 ①締切:3月末 B-PRINCE文庫新人大賞応募(←いまちょうど印刷してるやつです)
 ②締切:7月10日 コバルトノベル大賞
 ③締切:来年3月末 文藝賞
おいおいこんなに書けるのかよ、と自分で自分を疑いますが、
小説家は数をこなしてなんぼだと思います。
よっぽどすごい不朽の名作を作らない限り、生活できんと思います。

幸いなことに、アイデアはむくむくと湧き出しています。
現代物はひとつもないけどね。
どうやら私の苦手分野は、
純愛、推理、サスペンス、ホラー、時代劇のようです。
ファンタジーとかのフシギもの、が一番多いかな。