ディズニー行ってきました

つれづれ日記

友達とディズニーリゾートに行ってきました。
朝4時半集合だったのでかなり疲れはたまっていますが、まぁ、満喫できたかな、と。
人の多さは毎回のことなので、さほど驚かないですけど、
なんでしょうね、あのダッフィー抱いてる人の多さは。
アトラクション乗るときに邪魔じゃないのかな。
特大ダッフィーを肩車しているお父さんを何人か見かけた。
どう見ても偽物のダッフィーを抱いている人もちらほら。サングラス掛けてたり、眼帯していたり。
お店に入るだけでも並ぶなんて信じられない。
とか言いつつ興味半分で並んで小さいシェリーメイ買ってしまいましたけど。

旅を終えて、ひとつ自分の中で大きな謎として残っているのが、
タワーオブテラーズの頂上で撮影された写真で、ちゃっかりピースサイン&カメラ目線をしていること。
おかしいな、ピースサインなんてした覚えが全くない。しっかりハンドルに掴まっていたはずなのに。
なぜ。呪いにでもかかったか?
前回乗ったときはそんなに胃が浮かなかったから大丈夫だと思っていたら、
思いっきり胃が浮いて、めっちゃ怖かったんですよ。
だからピースなんてしてる余裕なかったのに。
謎だ。

でももうディズニーキャラクターには、ときめかなくなっちゃったなぁ。
「あ、なんかいる」くらいにしか思わなくなった。
というより、どこにチャックがあるのかを気にするようになった。
夢がない自分。

もうすぐ師走です。
月末にはコバルト雑誌も届く。応募した小説がどんな結果だったのか、不安と期待でいっぱい。
考えるだけでドキドキする。
いま、書きたい小説はいっぱいあるけれど、どこに応募すべきか悩んでいて、
なかなか前に進まない。
キャラ重視のライトノベルもいいけれど、純文学も書いてみたい。

でも小説家になった自分をリアルに想像できないのも事実で。
結局なにもかも中途半端なまま、だらだらと毎日を過ごしています。