アドセンスをはじめて一年半。関連コンテンツが解放されました!!

2021-04-10エッセイ

芹澤です。

ブログをはじめて十年超。アドセンスはじめて一年半。

読者の皆さまのおかげで少しずつPVが上向いてきました。とくに「四ツ目神」関連では嬉しい悲鳴を上げております。

本当にありがとうございます。

Twitterではすぐに埋もれてしまいますが、好きなものを「好ーきーだー!」と叫べる喜びはブログならではですね。

 

またありがたいことにアドセンス広告の「関連コンテンツ」が解放されました。

今回はそんなお話です。

 

関連コンテンツとは

「ある条件を満たすと開放される」と言われているアドセンス広告のユニットです。

ユニットとは広告の形状のことです。

このブログにも目次の下やサイドバー、記事下に広告がありますよね。これのことです。

 

(こういうの↓)

 

関連コンテンツは関連記事と広告が見やすくレイアウトされたユニットです。

開放条件は明示されていませんが、

・一定数の記事

・一定のPV(ページビュー)

が必要とされています。

 

管理人は存在こそ知っていましたが大きな勘違いを2つしていました。

 

勘違い①換金できたら開放される

勘違い②開放されたらメールなどで通知がくる

 

①換金=8000円以上の収益のことです。

そんなのまだまだ……と遠い未来のことと捉えていました。

 

②はメールやアドセンスのページにお知らせがあると思っていたのです。

が。

なにも届きませんでした。

なにげなくアドセンスページを見ていて気づき「ふぁっ!?」と変な声が出たことを覚えています。

 

関連コンテンツのメリット

 

メリットはクリック率が高い!

というお金に目がくらんだような発言は置いといて、自分の場合は関連記事がより多く表示されるのがありがたいです。

 

管理人はなにぶん素人なのでCSSやHTMLの記述はさっぱり。

使用中のテーマ(ルクセリタス)に付属している関連記事を表示するのがやっとでした。

 

それが関連コンテンツのユニットによってコンパクトに・たくさん表示されるのです。

他の記事にも目を向けてもらえるチャンスが増えた!これを喜ばないはずはありません。

 

関連コンテンツのデメリット

デメリットはモバイル端末のウィジェットに関連コンテンツを載せるとページ自体がとても長くなることです。

だらだらと続くページはメリハリがなくなります。

 

また、記事だと思ってクリックしたら広告ページに遷移したという「だまされた」感を読者さんが抱く可能性があります。

かくいう管理人も何度かだまされたことがあり、サイト自体に不信感を抱いたことがあります。

 

解放条件を考察する

本ブログのデータから、関連コンテンツの解放条件を考察します。

参考にしてください。

記事の数

ブログ歴は約10年。

アドセンスをはじめて1年半となります。

過去の記事をすべて移しているため、記事数は1000を超えています。

当初からこの状態であったため、記事数だけでは解放されないことが分かります。

ユーザー数の変化

アドセンスのデータで比較検討します。

リメイク版「四ツ目神―再会―」のリリース2月16日。そこから約1か月でご覧のとおりユーザーが増加しました。

PV(ページビュー)の変化

12月から比較するとご覧のとおりページビューが増えてきています。

まとめ

ユーザー数の増加に伴い、PV(ページビュー)も増えています。

平均して300PVくらいでしょうか。

これは推測ですが、ある程度継続的にPVが増えたままの状態で解放されるのではないかと思います。

または平均3か月などのPVデータをとっているのかもしれません。

 

いずれにせよグーグルに専門性・収益性・公益性を認められたサイトに解放されるのだと思います。

(結局、曖昧なままで申し訳ありません…)

 

さいごに

これからも皆さまに役立つブログを目指してまいります。

ありがとうございました。