6月の憂鬱

つれづれ日記

気がつけば6月になりましたね。
もうすぐ1年の半分が終わるということに驚きを隠せない今日この頃です。
1年ってこんなに早かったかしら…?

GA文庫大賞への投稿も無事に完了したので次の作品を書かなければいけないところですが、なかなかエンジンがかかりません。
気がつくと投稿した作品のあれこれ(続編的な)ことを考えてばかり。
投稿する方はみんな大なり小なり同じだと思うんですが、あのキャラたちが好きで好きで仕方ないんですよ。
生みの苦しみを味わった最愛のわが子とでも言うのか、好きすぎて「はい次ー」と思考を切り替えられない。
うう、子離れしないと。続きを考えていたって結果が出なければ意味ないんだから。

最近、小説家志望のいろんな方々のブログを見て回るのが趣味なんですが、
私みたいにむやみやたらと自作のこと熱く語っている方ってあまりいないのですね。
それぞれの胸には熱いものを秘めておいでだと思いますが、「キャラがこうで~」「ストーリーがこうで~」と語る私は少数派でした。
その節については大変暑苦しく、また鬱陶しく、申し訳ありません。
ですが「鬱陶しい」「また語ってるし」と失笑される方はとっくに当ブログを見ていないと思いますので、これからも熱く語りたいと思います。
家族含め周りに話せる人がいないので、ここで語ることだけは許してください!

そんなわけで、次は青春小説を書きたいです。
何度も言っているのは裏を返せば進捗が芳しくなく、そうでもしないと自分に発破かけられないからだとご理解ください。
キャラの造形についてはイメージできているのですが、いかんせん名前が決まっていません。
名前が決まらないと書けません(涙)どうしましょう。
「しっくりくる名前」ってどうしてもあって、まずはそのピースがはまらないと先に進めません。
ジグソーパズルに例えると真っ先にはめる四つ角みたいなものでしょうか。
うーん、悩ましい…。これは頭の中でいろんな名前を連呼するしかありません。そしてキャラが振り返ってくれるのを待つ。
ツイッターでは「書く書く」連呼していますが、正直まだ書けていません。果たしてどうなるでしょうか。
行き詰まると他の話に逃げるのは私にとって日常茶飯事です。いつの間にかファンタジー書いているかもしれません。
笑ってください。

ファンタジーといえば「なろう」に連載小説をアップしています。
「嘘つきは魔女のはじまり」というタイトルで、このタイトルだけは気に入っています。
中を読めば足りていない部分が多々あるのですが(あと若干のタイトル詐欺)、供養だと思ってあげておきました。
毎朝8時に更新されるよう予約投稿してあります。全13話です。ご興味ある方はどうぞ。

なろうサイトに飛びます → 「嘘つきは魔女のはじまり」