こんぽち。

執筆活動

タイトルの「こんぽち」って鳥取県東部の方言で「めでたしめでたし」や「おしまい」の意味なんですって。
先日鳥取で買い求めたお菓子の説明書に書いてあって可愛かったのでタイトルにしてみました。
深い意味はありません、はい、すいません。

さて無職生活にも飽きてきた師走の今日この頃。
働いていたころは毎日のように「帰りたい」「休みたい」と願っていたはずなのに、いざ辞めてみると…なんでしょうね、この物足りなさ。
人間って、根本的に満たされない生き物なんですね。

そんな中、ジャンプ小説新人賞テーマ部門「嘘」に係る小説を執筆中です。
私、当面は魔女推しでいくと決めておりまして、今回も魔女さんが出てきます。いっぱい。
使い古された感もありますが、やっぱり可愛いんだよ。
以前応募した「純黒のリゼリア」は重苦しい内容でジャンプ向きではないとご指摘がありましたので、今回はラブコメでございます。
魔女に振り回される引きこもり少年の顛末を描きます。

こちらが無事に投稿できたなら次は……悩みます。
ノベル大賞もBLも電撃も出したい。でも手が回らない。でも出したい。
とりあえず今の小説に全力を注ぎ込み、終わったらその時に考えようと思います!(先延ばしといいます)