相変わらずの日々

執筆活動

こんにちは。
このごろ迷走中の芹沢です。

今日の午前中は某企業の面接でした。暑さによる汗と緊張による冷や汗で背中がびっしょりです。
面接はこれで三回目。連敗が続いています。敗因はミスマッチとでもいうのか。
学生時代に頑張って資格をいっぱい取ったので評価は高いようですが、「ウチみたいな小さい会社じゃあ申し訳ない」みたいな過大評価されて断られたこともあります(本音か建て前かは知る由もなく)。
ここらへん、負け犬の遠吠えなので、生暖かい目で笑ってやってください。

時間がいっぱいあるので、好きなだけ小説が書けるかと思いきや、つまずいてばかりで一向に進みませんでした。
おかしいなぁ、と首をひねること多数。せっかくフリーなのに、仕事してたときより書くペースが遅いかも。
キャラと設定についてはもう決まっていて、自分でもかなり面白いと思っているので、あとはゴロゴロと転がすだけなんですが、大岩を転がすだけの力がまだ私には足りないのです。
皆さま、私にお力を!(ドラゴンボールの元気玉のように)

いまの状況に不安を覚えることも多々ありますが、フリーで身軽な分、学生時代からの友達や前職の友人たちとお茶する機会が増えました。みんなママさんですけどね。
楽しいです。不安や不満も打ち明けられるし、私だけじゃなく女性ってやっぱりお喋り好きなので時間を忘れて話し込んでしまうし。
こういう時間も悪くないなぁ、と思うこともあります。
たまにね。

スポンサーリンク