まさかの号泣。した自分にビックリ

つれづれ日記

昨日ツイートしましたけど、昨日、会社で泣きました。
元上司と話す機会があって、誰もいない打合せ室にて、いろいろ話をしているうちに、
ぐぐーとこみ上げてくるものがあって。
あの感覚、なんでしょう。胸が詰まるような、横隔膜がせりあがるような。
とにかく、マジ泣きしちゃったよ。

急に異動になって戸惑ったこと、
異動自体にまだ納得してないこと、
新部署ではまだアウェーで、ひとりぼっちだということ、
自分なりに頑張ってもうまくいかないこと

話し始めると、止まらなくて。
こんなこと云ったって、泣いたって、なんの解決にならないことも判っているはずなのに。
それでも止まらなくて。

物語を考える上で、登場人物を涙させることってありますけど、
「こんなことでホントに泣くのかな」と疑心暗鬼になる動機ってありますよね。
実際はもっと複雑で、もっと過酷で、もっと大変じゃないと泣いたりしないんじゃないかって。
そう思ってました、ずっと。
でも、今回のことで、理屈じゃないって、わかりましたよ。

めったなことじゃ泣かないと自負していた自分が、こんなにあっさり泣いたことに、正直戸惑いました。
泣くとスッキリするというけれど、実際は、ひとり落ち込んでました。
泣いた後、元上司から「更衣室寄って行ったほうがいいよ」といわれ、
更衣室で鏡見てみたら、マスカラが・・・(笑)
目は赤いし、腫れぼったいし、こんなんで仕事できるのかしら、という感じでした。
でもその後ちゃんと定時まで仕事して帰りました。

いや~~~~なんていうか。
すごいですよね、人間って。ウン。