少しずつですが

つれづれ日記

少しずつですが、久々の小説(短編)を書いています。
コバルトの短編小説新人賞(12月10日)に間に合えばいいのだけれど。
それにしたって何でこんな忙しいとき(仕事もプライベートも)に、人間って、更に色々なことをやりたくなるのでしょうか。
私だけでしょうか?

今回はキャラの心理描写に力を入れてみようと、思います。
一人称で物語を書くことは最近避けていたのですが、このほうが感情を入れやすいかな、という安易な考えでいます。

ですが困ったことに、高校生の話を書くにつけ、身の周りに生の高校生がいないので、
いまの若者言葉とか、流行とか、どうなっているのかさっぱり分からない。
会社への通勤道路の途中に高校があるのですが、いつも遠くから眺めてしまうだけ。

こういうときって、皆さん、どうしているんでしょうね。