今度はひとりでアニメ談議

つれづれ日記

昨日のブログに引き続き、今度はアニメ談議します。
アニマックスで特番をやっていたので、触発されただけです。

以前触れたことがありますが、田舎のため、少し前までテレビ東京映らなかったので、
アニメ全盛期の頃(小学生とか中学生の頃のことね)はあまりアニメに詳しくなかったのです。
でも「セーラームーン」はほぼ見ていたし、兄の影響で「ドラゴンボール」も見てたな。
どちらも最終回まで見た記憶はないけれど、一時ハマっていた。
他に思い浮かぶものといえば「ママレードボーイ」。朝早く起きて見てたなぁ。懐かしい。
アニマックスで再放送していた「悪魔くん」も何気に覚えている。
好きだったのは「ガンダムW」です。デュオが好きだった。どっかで放送しないかなぁ。
「スレイヤーズ」もテレビ東京映る友達に録画してもらったものを見てた。
懐かしいものだらけですね。

最近見ているものは、アニマックスの影響で「デュラララ!!」と「ぬらりひょんの孫」。
「ヒカルの碁」も土曜の放送は見てます。
アニマックス以外だと「リボーン」と「コナン」くらいかな。

アニメはいいよね。登場人物がきれいで。毛穴やムダ毛なんてありゃしない。
一時期声優さんにも憧れたなぁ。
ダントツで林原めぐみさんが好きでした(スレイヤーズの影響)。
今の声優さんって、メインキャラをかけもちする方が多いようですね。
ゲームキャラもやってたりして、お忙しいことです。
必殺技とかのセリフをひとりで収録するのって、淋しそう。

昔は、あのキャラとあのキャラの声優さんが同じ人!っていうのを見つけるのが楽しかった。
そんなこともあったなぁ、としみじみと懐かしみながら、二十代の夏は過ぎていくのでした。

余談ですが「未来」の話をする人は若い人で、「過去」の話をするのは若くない人なんだって。
あーぁ。