登場人物が勝手に・・・

つれづれ日記

小説の推敲、第一弾が終わりました。
ずっと同じ体勢だったので、背中が痛いー。
ただいま、115ページでございます。第二弾では、あと10ページ削るのです。
頑張ります。

初稿がかなりごちゃごちゃだったので、削ったり手を加えたりはとても大変でした。
物語の「核心」部分がはっきりしていなくて、悩んでもいたし。
でも、不思議なことに、そういうとき、急に登場人物が喋り始めるんですよね。

昨日、ぼけーとテレビを観ていたら、主人公が、私の頭の中で、なにやらぼそぼそと喋り始めたのです。
あわてて創作ノートを開き、耳を傾け、彼が云わんとしていることを書きとめたら、
なにやらそれが「核心」部分にあたる言葉だったのです。
うまく表現できないのですが。

物語を書いているのはまぎれもない私なのに、意図しない方向で、勝手に登場人物が動くことってありませんか?
いきなり喋りだしたり、予想外の行動をとったり。
前後で照らし合わせてみると、不思議と違和感ないんですよね。
なんなんでしょう、これって。
まるで命が吹き込まれたみたいに。

でも、お陰で、話がうまく軌道に乗りました。
ありがとう、ユッキー(私が勝手に呼んでいる主人公の愛称です)。

ちなみに、このブログをご覧の方で、投稿前の作品を読んでいただける方、いないでしょうか?
陸上×悪夢のお話です。
陸上に詳しい方もそうでない方も、もしよければ、感想教えてください。
公開方法はノープランですが、メールとか…かなぁ?(ほんとうに何も考えてないので、良いアイデアあったらください)

「いいよ」という方、コメント欄への書き込みでも、左側のメッセージ欄でもいいので、ご連絡ください。
交換条件(私のも読んで、とか)でも構いません。
あ、でも、「かわりに書いといて」とか「アイデア寄越せ」とかはイヤだなぁ…汗(そんな人いないか)

締め切りまで、残り約二週間。皆々様、ここが踏ん張りどころですよー。
ではでは。