がんばれ新人

つれづれ日記

新人研修の一環で、講師役として会社のあれこれを教える時期がやってきました。
毎年そうなんです。
最初の一週間でめっちゃ疲れているところに、長々と社会保険の話なんて、眠いよね。
「標準報酬月額」とか。聞くだけで眠くなるって。
でも一応これもお仕事なんで、どんなに眠くてもお話しなければならんのです。

でも今年の新入社員は、いつもと違う。やる気がある。
けっこう細かい質問も多くて、就業規則とかもちゃんと予習しているあたり、素晴らしい。
なんて感心しつつ、眠い話をつらつらと。
がんばれ新人。眠気に負けるな。
ちなみに、辛いのは来週からだぞ。実習があるのさ。

で、ただいま私はノベル大賞向けの小説執筆中です。
やっぱり諦めてなかったしぶとい自分。
いつもは基本設定をノートに書き、「大体こんなもんでいいか」といきなりPCに打ち込み、
色々と設定を考えながら、創作の迷路に入り、気がつくと迷子に。
なので今回はちょいと趣向を変え、というよりやり方を変え、
とりあえずノートに全部書いてみることに。
細かいところは、実際にパソコンに打ち込むときに考えます。

さて、間に合うか。